政策ポリシー

県民本位・生活者本位の県政改革を真摯に考え、愛知県政の進展のため必要な施策の実現を図ります。

私たちは『新政あいち県議団』は県民本位・生活者本位の県政改革を真摯に考え、議会が本来果たすべき役割を的確に把握し、政策集団として積極的な調査研究活動と活発な議論展開の下で、県民福祉の向上や21世紀の飛躍の基盤となるプロジェクトなど、愛知県政の進展のため必要な施策の実現を図ってまいります。

平成30年度施策及び当初予算に対する提言

「新政あいち」が目指すもの

  1. (1)改革を志す仲間の議員が一つに結集し、働く人・生活者に寄り添う現場に根差した政策の実現に向けて連携していきます。
  2. (2)地方分権・議会改革など、地方自治体議員が前進させていく政策課題を共有し、確かな実績を積み上げていきます。
  3. (3)愛知県の特性である、産業集積拠点の強みを生かし、そこで培われた経済活力を地域住民の生活向上につなげていきます。
  4. (4)地方の自立に向けた機運を高められるよう、他県の仲間とも連携して新たな地方自治・住民自治のあり方を提起していきます。

基本政策

  1. (1)より現場に近い視点で行政サービスの実態をチェック・改善が行えるよう中央集権の権限と財源を地方に移譲する、地方分権社会の実現をめざします。
  2. (2)産業の集積拠点である等、愛知の持つ地域資源を活用して財政的な優位性を確立・持続させるとともに、それによって得た経済活力を地域住民の生活向上につなげていきます。
  3. (3)私たち議員は地域住民の代表・代弁者であることを常に自覚し、議会運営・議員活動に改革の志を持って臨むとともに、行政機関に対して“公正・効果”の視点を持って提案型の取組を進めます。
  4. (4)今後の愛知の成長を支える働く人が定着・定住してもらうため、子育て・教育・就業・老後に至る人生の各ステージで、将来と安心が見える施策の実現をめざします。